古銭買取業者に高い査定を出してもらう方法とは?

どんな古銭が人気価値が高いの?

現在使われていない昔の貨幣や、記念コインなどの古銭は、専門の業者やリサイクルショップなどで買い取って貰うことが出来ます。今では日本のみならず、海外にも日本の古銭コレクターが存在し、国内外のコレクターに向けてのオークションなども行われています。

では、どんな古銭が人気で、高い買取額になるのでしょうか。古銭の中でも特に希少価値が高いとされているのが金で出来た古銭です。特に江戸時代の慶長大判金や明治に発行された20円金貨などは、物によっては1000万円以上の鑑定額が出ることもある代物です。私たちの身近な所で言うと、硬化の縁に溝が入っているいわゆるギザ10と呼ばれる10円硬貨があります。

このギザ10が発行されていた期間は10円の価値が今よりも高く、偽造防止の目的などでギザギザを付けていたそうです。特に100円硬貨などが発行されるようになった昭和32、33年発行の物は発行枚数が少なく、価値が高いとされています。

古銭の高価買取のコツとは?

では、古銭を少しでも高く買取してもらうには何に気を付ければ良いのでしょうか。まず大事な点は、複数の買取業者の相見積もりを取るという点です。古銭は種類が多く、同じ古銭でも発行された年によっても価値が大きく変わるという特殊な品物です。確かな目を持った鑑定人のいる所かどうか、買取をした古銭の再販ルートが確立されているかどうかを見極める必要があります。

他にも、保管やお手入れ法にも工夫をしましょう。薬品などを使用したり、過度に磨いて汚れを落とすという事はかえって市場価値が下がってしまいます。出来るだけ洗浄をしなくて済むように、ジッパー付きのビニールケースや、コレクター用のアルバム型コインホルダーで保管するようにしましょう。

どうしても汚れが気になる場合には、水に重曹を入れそこに古銭を入れ20分程度煮沸し、柔らかい布などで汚れを落とすようにすると価値の下落が最小限に抑えられます。