古銭の価値を見極めるのはプロにおまかせ!

古銭の価値は何で決まる?

古銭はコレクションが目的で持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、手持ちの古銭を整理したりコレクションをやめたりするなどの理由で手放すこともあるでしょう。古銭には日本で作られたものから中国から渡ってきたものまで種類が多岐にわたります。

そこで、気になるのが古銭の価値です。古銭の価値で最も重要なのが「希少価値」とされています。もちろん、古銭の状態や発行された年代なども価値を決める際には大事なポイントですが、状態が良くても発行枚数が多かったり現存するものが多かったりすると、希少性が乏しく買取に出しても、思ったような値段が付かない可能性があります。

古銭は専門の買取店で買取ってもらおう!

古銭はコレクションが目的で売買されることが多いジャンルです。そのため買う時には希少価値が高い物が求められる傾向にあります。古ければ良いというわけではなく、比較的新しい年代のものでも発行枚数が少ないものや極めて状態の良い物が市場価値も高くなります。現存数がどれくらいあるのかが、古銭の価値を決めるポイントになるといえますね。希少価値が高く、キズや汚れのない美品であれば高額買取が期待されるということになります。

古銭の現存数や状態の良し悪しは、一般の人には判断が難しいものです。古銭専門の買取店であれば、古銭に詳しいスタッフが適切な価値を判断してくれます。古銭の査定は、店舗に持ち込む方法もありますがメールによる査定が可能な業者も多いです。古銭を撮影してメールで送信するだけなので、複数の業者に見積もりを依頼するのにも便利ですね。古銭がたくさんある場合には、出張や宅配などでも査定をしてもらえるので、自分に合った方法を選んで査定することをおすすめします。