古銭の種類は意外と多い!価値のある古銭はどれ?

古銭ってどういうもの?

一般に古銭といっても種類が豊富にあります。古銭で有名なものといえば、江戸時代に流通した寛永通宝が有名です。また、古銭というには少し新しいですが、ギザギザのついたギザ10という10円玉も価値があるため、見つけた場合、保管しておくといいでしょう。古銭にはそのほかにも、記念行事やオリンピックなどを機に作成された記念コイン、または製造過程で形が変形したり、穴の位置がずれてしまったエラーコインなどが存在します。

そのような古銭、全てに価値があるのかというと、実はそうではありません。いくらそのような古銭が見つかったとしても、状態があまりにもよくなければ、古銭の買取価値は著しく低くなります。

大判小判も古銭!海外コインも古銭扱い!

時代劇などでよく見かける金色の大判、小判も古銭です。また、大判、小判のような古銭には、高い価値が見込まれるため、高価買取も期待できます。さらに、大判や小判といった古銭には、金銭的な価値だけではなく、学術的な価値もあることを覚えておいてください。もし家にそのような大判や小判といった古銭がある場合には、大事に保管をしておき、鑑定も検討すべきです。

特に金銭的、学術的価値が高いといわれている大判が「天正菱大判金」です。この大判は現在6枚しか現存していないといわれていますので、その価値は計り知れません。また、日本の古銭だけではなく、外国の古いコインも古銭です。古銭は価値がありますので、見つけたら大事に保管を行い、機会があれば買取にだしてみましょう。

古銭買取業者のおすすめ比較ランキング